息子のゲーム時間の制限を解いてみた、3日目

こんばんは。
さるけんです。

息子のゲーム時間の制限を解除して3日目になりました。
その結果、また喧嘩になってしまいました、、、

昨日、楽天イーグルスの試合を観に行き
家に帰ってから風呂入って寝たので、
寝る時間が少し遅めになりました。

そのせいで息子が朝起きる時間が少し遅くなり、
もう僕が出勤した後に起きたらしいのですが、
朝ご飯も食わずにゲームをやり始めました。

そして部活が11時からあったのですが、
時間ぎりぎりまでゲームをしてしまい結局
食わずにそのまま部活に、、、、

たまたまお昼に仕事の途中で家に寄れたので、
お昼を食べによったところ、
まだ手が付けられていない息子の朝食と昼食が、、、
(本人は部活動中(;’∀’)、嫁はパート中)

さすがにこれは嫁に見つかったら怒ると思い、
息子のラインにメッセージを入れました。

「ご飯も食べないでゲームばっかりするのであれば、
また制限しなきゃいけなくなるから、
ご飯も食べて宿題も少しやってママを納得させようよ」

部活から帰ってきた息子から、わかった、という
LINEのメッセージが届きましたが、
仕事が終わって家に戻るとゲームをやっていて宿題はやっていませんでした。

「宿題は?」と聞いたところ、
夜やるよ、との返事だったので、
「何時にやるの?」と聞いたら
「俺が決めるからそんなの関係ねーだろ!」と言ってきたので、
カチンときて、そんなふうに約束を守らないと
また制限しなきゃいけなくなるから、
だから約束は守ろうよ、と説得しましたが、
反抗期の息子がそんな提案にまともにのるわけではなく、
結局は「じゃあ、ゲーム制限するからね!」
なってしまいました、、、、、
娘のゲーム時間になっても手放さないし(# ゚Д゚)

こちらも言ったからには引くに引けません、、、
けれどもご飯(朝ごはん+昼ごはん)は食ってました(-_-;)

夜ごはんはお腹が空いてないので後で食べる(当たり前だが)、
と言っており、今は自室でスマホ動画を観てるようです。

明日は部活の大会の応援(部活メンバーは強制参加)があるのですが、
こんな状態だとたぶんまた行かないんだろうな、
と思っていたらどうも行くらしいです、、、

先ずは宿題をやらない限りはゲームを解禁する予定はないので、
またしばらく硬直状態が続きそうです。

嫁はイライラがピークに達しています。
俺がゲームの制限を解除したからまたややこしくしたと、、、
まあ、もしかすればそうかもしれないがまだ3日目なので
多めに見てくれ、、、やっちゃったかもしれないが(;’∀’)

けど、息子もなぜややこしい方向にもっていくのだろう(-_-;)
反抗期特有?部活もたぶん大分ストレスがあるのか?
少し宿題やればまたゲームで遊べるのに、
わざわざ制限させる方向にもっていこうとする、、、、

たぶん明日も硬直状態なので、
ひと悶着ありそうです。

金曜日にある三者面談参加までたどりつけるのだろうか?
なかなかうまくはいかないものです、、、

最後までお読み頂きありがとうございました。

2 件のコメント

  • 毎日閲覧させていただいてます
    苦言を呈するようですが、中学生?の子供にスマホを買い与えた事自体間違いでは?
    もちろん連絡には必須ですが正直悪影響でしかないと思います…
    時期早々だったのではないかと

    • いつもお読み頂きありがとうございます。
      そうですね、スマホを持たせることは嫁にも反対されました。
      特に欲しがっていたのは娘だったのですが、
      妹に持たせて兄に持たせない、ということも出来ず、
      兄弟で揃って持たせてあげました。
      ただ、当時から息子のクラスの半分くらいはもっていたので、
      友達と息子だけ連絡がつかずに困ったこともありましたので、
      早かれ遅かれ、中学生のうちに持たせることにはなったと思います。
      なお、小学生の娘はスマホを持つのは早いほうではありますが、
      きちんとルールを守って使ってくれるので、
      今のところは与えてよかったと思っています。
      ゲームもスマホも与えないというのも現実的はなく、
      それらとどう付き合うか、を子どもたちに教えていきたいと思って
      試行錯誤している状況です。

  • さるけん にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    秋田県生まれ、宮城県在住のブロガー。 家族は妻と子供2人、猫2匹。趣味は筋トレ、ジョギング、野球観戦、読書。 楽天イーグルスの大ファン。 よろしくお願い致します。