オコエ瑠偉はいつ覚醒するのだろうか?

こんにちは。
さるけんです。

今回のテーマは、
楽天イーグルスのオコエ瑠偉選手が活躍できるのか?
活躍できるとすればそれはいつ?というのを
楽天ファンとして、素人目線で予想しています。

オコエ選手は2015年ドラフト1位で指名され
楽天イーグルスに入団しました。

ルーキーイヤーは球団初の開幕一軍の選手となり話題をさらいましたが、
その後は2軍と1軍をいったりきたりで1軍に定着できていません。
(年間の出場試合も50試合前後です)

走力や肩の強さなどの守備力には定評がありますが、
バッティングではあまり良い成績とは言えません。
今シーズンの一軍成績は41試合に出場し、
打率.165、3本塁打、14打点(2019.08.04時点)となっています。

高卒で入団し4年目なのでまだまだ若い選手ではありますが、
楽天イーグルスの野手もトレードにより充実してきており、
ここ最近はまったく一軍登録されていない状況です。

楽天イーグルスの外野手事情

今年の開幕時はルーキーの辰己選手と一軍を争っていましたが、
徐々に辰巳選手の方が使われ始めるようになってしまいました。

最近の楽天の外野手はレフトが島内選手、センター辰己選手、
ライトはブラッシュ選手、あとは日によって渡邊佳選手 、下水流選手 が
センターやライトに入るのが定着しつつあります。

それに加え、和田恋選手(今後はDHが中心か?)も外野を守れますので
バッティングで良い結果を残せれば争いに加わる可能性があります。

そのほかに2軍で調整中の田中和基選手もいます。
既に2軍成績でもオコエの打率 .262 に対し、
田中選手は打率 .385 と圧倒的な差があります(19.08.03現在)。

今シーズンの一軍ではオコエ選手の出る幕がありません。
かといって今後も2軍で成績を残せなければ、
来シーズンも一軍に残ることは難しいでしょう。

オコエはいつ目覚めるのか?

毎年、今年こそオコエが頭角を現す、
そろそろ目覚めるだろう、などと騒がれますが、
少なくとも今年はまだ覚醒していないと言えるでしょう。

かといって来年になれば目覚めるか、と言われても、
バッティングフォームの改造に取り組んでたりしているところをみると、
あと2~3年は少なくてもかかると思われます。

このままではトレードされる?

今年7月になってから交換トレードが2つ行われました。
1つ目は 広島 下水流昂外野手 が楽天へ、楽天 三好匠内野手 が広島へ。
2つ目は 巨人 和田恋外野手 が楽天へ、楽天 古川侑利投手 が巨人へ。

新しく楽天に加入した下水流選手も和田恋選手も
さっそく楽天の一軍で活躍しています。

その交換トレードの後に噂されたのが、
オコエ瑠偉選手と阪神・藤浪晋太郎投手との
交換トレードが噂されました。

その噂からしばらくしてもまったく動きがないので、
おそらく単なる噂だったのでしょう。

阪神・藤浪晋太郎投手は8月1日の中日戦に先発しましたが、
8死四球と大乱調ですぐに一軍から抹消されました。

楽天側もオコエ選手は人気選手なので
手放すのは考えにくいと思います。

まとめと所感

完全な所感ですが、
オコエ選手が1軍で活躍できるようになるには
まだまだかかりそうです。
少なくともあと3年はかかるのではないでしょうか。

さすがに3年もの間、一軍で活躍できなければ、
楽天側が手放す可能性もあります。

才能ある高卒ルーキーを手に入れながら、
育てられなかった、言えばそれまでですが、
オコエ選手も太ったまま春季キャンプに参加するなど
プロの世界を少しナメていたところがあったとも言われています。
(今は改善されています)

最近は”オコエ”でググると妹さん(オコエ桃仁花)の情報も
かなり多く検索結果に出てきてしまいます(笑)

先ずは打撃を鍛え、
2軍できっちり結果を残すことが必要だと思います。

そうしなければ、今の石井GMの楽天では
まったく一軍に出場する機会が与えられないと思います。

けれども私はオコエ選手が大好きです。
特に肩の強さは天下一だと思っています。
ファームの試合もオコエ選手がいるからこそ観に行っているくらいです。

今後の活躍を期待しております。
最後までお読みいただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    秋田県生まれ、宮城県在住のブロガー。 家族は妻と子供2人、猫2匹。趣味は筋トレ、ジョギング、野球観戦、読書。 楽天イーグルスの大ファン。 よろしくお願い致します。